レビューはありません
レールウェイポリスに口づけを

満員電車で男の痴漢に遭った鉄道警察隊の要は、甘いマスクで精悍な男に助けられる。その男は、事件の担当検事でセクシーな相庭勇太郎だった。調書作成で現場を再現すると言い、要は相庭から身体を撫で回され妙な気分になってしまう。毎日のように「つきあう気はない?」と迫られる。ある朝、要は淫らな獣のように相庭に抱かれる夢を見て……!?

  • 857(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 9pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。