平均評価(5.0 レビューを見る
スメルズ ライク グリーン スピリット SIDE-B

女装癖がある、同性が好き、“人とはどこか違う”…悩みを打ち明ける事で、クラスのいじめられっ子だった三島と、いじめっ子だった桐野は固い絆で結ばれる。しかし束の間の平和は、三島が社会科教師・柳田に目をつけられた事からガラガラと崩れ始める。小さな田舎町に駆け巡るウワサや、息子へ多大な期待を寄せる母の思い、その全てと対峙しながら三島と桐野、2人が導きだす答えとは――。(※本作はSIDE-Aの続編です)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

高校生のころ。1990年代のオルタナを周りはみんな聴いていましたね。まぁ、やっぱりそっち系が好きな友達も多かったので、自然と自分も影響されていくというか。ネルシャツ着たり、小汚く髪を伸ばしたり、楽器弾いたり。今でもそういうのは格好よく見えます。やがて大学生になって、「ユー・ノウ・ユーアー・ライト」を初めて聴いたときはとても感慨深いものがありました。Inter FMで深夜にやっていた、今は亡き福田一郎氏の番組です。実家の私の部屋は深夜になるとInter FMがクリアに聴こえました。昼間はノイズがうるさくて聴けたものじゃありません。現代はPCやスマートフォンのアプリで、きれいな音でラジオを楽しめる時代です。便利になったと思う反面、どうして少しだけさみしいのでしょうか。さて、今回ご紹介するのは『スメルズ ライク グリーン スピリット』です。タイトルとか説明する必要ないですよね。読みました。私が読んで理解できる部分とそうでない部分はあります。ただ、誰もみな言葉にできない思いを抱えて生きているという点で非常に考えさせられました。読後は結構すっきり感があります。
  • 参考になった 3

ユーザーのレビュー

一覧を見る

匿名希望

(5.0)

投稿日:2016年03月23日

はじめてハマった漫画

BLの中で一番大好きな作品です!
なぜなら普通のBLとは違う男同士ゆえの同性愛の葛藤がちゃんと描かれているからです。
せっかくBLという男同士の恋愛を描いているのだから、ただ単に男同士がイチャついていればいい訳じゃない!イチャつくだけなら普通の男女でもできる!
私が求めていたBLをまさに具現化し、BLとはこうあるべきだ!と納得尽かせてくれた作品です。
腐女子じゃない人にもぜひ読んでもらいたい名作です。泣けます。
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。