ユーザー評価なし レビューを見る
尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故

遺族が辿った不屈の物語1985年8月12日。航空史上未曽有の悲劇。遺族の悲しみと苦しみは想像を絶した。なんの予兆もなく突然、愛する者を奪われた家族たちは、うろたえ、動揺し、泣き叫び、茫然となった。父を失った「息子」たちは、やがて「父親」となった。ノンフィクション作家・門田隆将は思った。「あの、寡黙な男たちこそ、何かを後世に伝える義務があるのではないか」――。<私は、今は「父親」となった当時の「息子たち」を訪ねる作業を始めた。それは決して愉快なものではなかった。訪ねていっても、胸の内を吐露してくれる男たちはむしろ少なかった。今なお、自らの内面を「語る」ことに納得ができていない男たちの方が多かったのだ>(「はじめに」より)しかし、何人かが取材に応じてくれた。彼らは四半世紀という長い年月を経て、苦悩と悲しみを克服していった。哀しみの「時」は、いつまでその針を刻み続けるのだろうか。最愛の人を事件や事故で奪われた家族は、どうやって絶望を克服できるのか。本書で取り上げる5つの「父と息子の物語」に、そのヒントがある。『風にそよぐ墓標』、待望の電子化。2012年10月、WOWOWにてドラマ化!

  • 660(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

門田隆将著『尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故』は、父や母、夫や妻、兄弟姉妹――最愛の、かけがえのない存在を突然の事故で喪った人たち、家族のその後、四半世紀をたどったノンフィクションの労作です。暑い一日が終わろうとしていた夕刻。ジャンボ機が消息を絶ったというニュースをテレビが伝えて、運命の暗転が始まりました。当時、週刊誌の編集をしていた私は、ちょうどお盆休みを控えた変則スケジュールで印刷所の出張校正室に入ったところで、ジャンボ機不明のニュースを知りました。前夜から徹夜で仕上げた記事の多くをジャンボ機墜落事故の記事に差し替える編集作業を編集部員総出で行ったことは忘れられません。満席のジャンボ機の乗客・乗員524人のうち520人が還らぬ人となり、奇跡の生存者は4人。本書は、棺のなかの母と対面した前田慎太郎さん(当時9歳、和歌山県。第二章「ふつう」が幸せ) 当時40歳の父が事故機に乗り合わせた谷口篤志(あつし)さん(当時13歳、大阪府。第三章 遺書の重荷) ディズニーランドからの帰路に父、母、妹が犠牲となった小川領一さん(当時16歳、大阪府。第四章 父が残した機内写真) 兵庫県歯科医師会の幹部だった父をなくした歯科医・河原忍さん(当時36歳、兵庫県。第五章 検視する側にまわって) 以上の4人を中心に遺族たちのその後をたどり、父と息子たちの生と死を紡ぎ出していきます。たとえば、墜落寸前の機内で走り書きされた遺書が残された谷口篤志さん。事故のあった時、13歳だった篤志さんは2008年に結婚、経営コンサルタントして働く一児の父親です。ボーイスカウト活動の熱心な指導者だった父と母、弟の4人家族の暮らしはあの8月12日を境に一変しました。〈えっ、これ何? それは、気分が悪くなった時に使う機内に備え付けの紙袋だった。その紙袋は、何かを入れて巻いてあった。半分は血でべっとりだ。巻かれていたのは免許証だ。なんで免許証をこんなところに入れてあるんだろう? そう思った時、眞知子の目が鉛筆で書かれた文字に吸い寄せられた。「まち子 子供よろしく 大阪 みのお 谷口正勝 6 30」簡潔なその言葉は、紙袋の底に走り書きされていた。その瞬間、眞知子は、「遺書やわ!」と、叫んでいた。「まち子 子供よろしく」――それは、まさしく夫から自分へのメッセージだった。「パパや・・・・・・」眞知子はこの時、初めてそう思った。この遺体は夫だ。間違いない。夫は死ぬ前に私にメッセージを残したのだ〉すべての面で頼り切っていた夫が突然いなくなって、走り書きの遺書が残された。二人の子どもを託された妻。その日を境にまるで変わった母親に子供たちは戸惑います。何かにあると、母は篤志さんたちこう言ったという。〈「パパがこんな遺書を残しているのに、最後まで、あなたたちのことだけ心配してたのに、はずかしくないの!」それは絶対的な言葉だった。子どもたちにとって、父の遺書以上に大きいものはこの世に存在しなかった〉優しく、そして絶対的な存在だった「パパ」の死は、谷口家のすべてを狂わせていきます。しかし、兄の篤志さんにとっては辛かったのは、母がすぐ涙をこぼすことだった。〈立ち直れない母は、すぐに涙を流した。谷口家の生活自体が「涙が日常」になっていたのである。
「母が泣くと、もう泣かないでくれ、と言いました。すると今度は、母がトイレで隠れて泣くようになりました」しかし、めそめそトイレで母が泣いていることが、やはり(弟の)誠にはわかってしまったという。「それで結局、誠もめそめそ泣くんです。ある時、僕は母がトイレで隠れて泣いているところへ誠を連れていったんです。それで、“ほら、誠がまた泣いとるやん。もう泣かんといてくれ”とトイレの中にいる母に言いました。そうしたら、トイレの中から母が、いきなり“泣いてへんわい!”と、大声で叫んだんです。その“わい!”という部分が大きくて、それがなんとなくおかしかった。それで、思わず誠と二人で大爆笑したんです。泣いていた誠が大笑いしました。母も、トイレから出て来て、泣きながら笑いました。それは事故から一年くらい経った頃ですかねえ。心の底から笑ったのは、事故後、それが初めてでした。家の中は、そこから少しずつ、変わっていったのかもしれません」地獄だった家の中がやっと変わり始めたのは、それからのことである〉死を覚悟した時に父が残した「遺書」は、残された家族にとって、大きな励みであると同時に人知れず背負った重荷だったと振りかえることができるようになるまでに、谷口家の3人が乗り越えなければならなかった試練は一言で語り尽くせるものではなかったと思います。本書に登場するほかの家族たちも同様です。人にはいえない苦労の数々が行間に埋まっています。極限を見た人間だけが発揮することができる強さと優しさが静かな感動をもたらします。四半世紀を経て、あらためて読み直す価値ある本です。(2013/7/12)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。