レビューはありません
江戸は負けず

大火に逃げ惑う人々。でも人の情がある限り江戸の町は負けない!のどか屋が焼け落ちても、身ひとつ、命さえ助かれば、いくらでもやり直せる!……と、赤子の泣き声が。捨て子? 放っておけない。武士を捨て江戸に出て料理人となった時吉は、女房おちよと岩本町で小料理のどか屋を営んでいる。昼飯の客で賑わう見世に、半鐘の音が飛び込んできた。火は近い。早く逃げないと大変なことになる。背に小さな倅を背負い、女房と風下向かって逃げ出した。……と、火の粉が舞う道の端から赤子の泣き声が聞こえる。捨て子か、双子の赤子だ。放ってはおけない。《今回登場するお料理》昼御膳(若芽雑炊・焼き魚・切干大根煮付け) 山家(さんか)寿司寒鰤の照り焼きたたき牛蒡の胡麻酢和え炒め飯ほうとう鍋おでん鍋幸い飯(大根菜飯)風呂吹き大根

  • 700(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: 江戸は負けず
  • 著者名: 倉阪鬼一郎
  • eBookJapan発売日: 2016年01月01日
  • 出版社: 二見書房
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 3.4MB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸小説・文芸 時代
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。