レビューはありません
十歳のきみへ―九十五歳のわたしから

2011年10月、百歳の誕生日を迎えられた、聖路加国際病院理事長日野原重明先生が初めて書いた“子どもたち”へのメッセージ。いのちとは。家族とは。人間とは。若いきみたちに託したいこと。「生きるとは、からっぽのうつわのなかに、いのちを注ぐこと」。十歳の子どもたちに向けられた、やさしくわかりやすい文章で、日野原先生が語りかけています。刊行直後から、世代を越えた反響の声が続々到着。「孫へのプレゼントにします」「“新老人”の生き方の見本」「人生において一番大切なことは何か、子どもといっしょに考えるきっかけになりました」。かつて十歳だったあなたにも、ぜひ手にとってほしい1冊です。日本図書館協会選定図書。全国学校図書館協議会選定図書。本年度から、東京書籍の小学校国語教科書にも採用されています。日野原重明(ひのはらしげあき)プロフィール1911年、山口県生まれ。京都帝国大学医学部卒業。1941年、聖路加国際病院内科医となる。95年の地下鉄サリン事件では陣頭指揮を取り、同病院に、多数の急患を収容する。聖路加国際病院名誉院長、同理事長。医師としての活動の傍ら、子どもたちへの「いのちの授業」のため、全国各地を廻る日々を送る。主著に「生き方上手」「十歳のきみへ─九十五歳のわたしから」ほか多数。

  • 1200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 12pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。