レビューはありません
ミーハーが見た三島由紀夫

大正の終わりに生まれ、戦後の四分の一まで生きた三島由紀夫は昭和の申し子と言える。三島の自決から40年以上が過ぎ去った今でもなお、彼は生きていて、われわれに影響を与えているように見える。それはなぜか?彼の人生を手繰ってみることで、21世紀に生きる日本人の一人として、何かが得られるかもしれない、という気持ちで著者はこのエッセイを書いた。政界、芸能界ではこの年にはこんなことがあった。流行歌、流行語も掲載。日本史とともに、三島作品、三島の人生を味わい、三島の死の意味するところを考える。昭和44年に三島は語った。「これからの世の中は、人が人を無目的に殺害する時代に入っていくだろう。」三島の発言の数々も見過ごせない。

  • 463(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。