レビューはありません
雪肌の未亡人

美和子の自慢は、ツンと上向きのやわらかく張りつめた乳房だった。しかし、その乳房を愛撫してくれる夫の直一はすでにいない。34歳で後家となった美和子は、女ざかりの熟れた体を喪服の中で持て余していた。これから大事な法要だというのに、乳首が疼き、ショーツはぐっしょり濡れているのだ。直一との情事を回想してひとり遊びに耽っていたところ、突然、夫のいとこの拓造があらわれた。アルバムに写る幼いころの直一の話題で盛り上がっていると、突然唇を重ねられてしまう。好きでもない相手だったが、火照った体はやすやすと受け入れてしまい……。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。