文読む女

93円 (税別)

獲得ポイント 1pt (1%還元)

悦司は、白内障のせいで好きだった読書ができなくなっていた。ある日、ボランティアの静香の声に引かれた悦司は彼女に朗読を頼むが、静香が途惑いながら朗読したものは、30年前に悦司が好きだった光子を思って書いた『官能小説』だった。1週間後、静香は突然尋ねてくると、古びた赤い手帳を取り出し朗読をし始める。それは、光子が悦司を思って書いた日記だった。あの時の光子の思いを知った悦司に静香のとった行動は……。幻想的な文体で描かれるノスタルジー性愛小説の決定版!

悦司は、白内障のせいで好きだった読書ができなくなっていた。ある日、ボランティアの静香の声に引かれた悦司は彼女に朗読を頼むが、静香が途惑いながら朗読したものは、30年前に悦司が好きだった光子を思って書いた『官能小説』だった。1週間後、静香は突然尋ねてくると、古びた赤い手帳を取り出し朗読をし始める。それは、光子が悦司を思って書いた日記だった。あの時の光子の思いを知った悦司に静香のとった行動は……。幻想的な文体で描かれるノスタルジー性愛小説の決定版!

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。