レビューはありません
濡れ羽烏

茂森陶子は三十路を前に演技派女優へと転身しようとしていた。その転機となるはずの映画『心中濡れ羽烏の段』で遊女フサ役を演じるが、監督の金子鉄男からは、連日罵倒されている。さらには、濡れ場の場面で伸ばした腋毛を見せろと言われ、彼女は途方に暮れる。だが、自分の思い描く映画を撮りたいという監督の熱く純粋な思いを身にしみて感じてきた陶子は、次第に女優魂に目覚め、件の濡れ場シーンを見事に演じきる。体は男優にまさぐられ、熱っぽいセリフを吐き出しながらも、陶子の潤みきった目は監督だけに注がれていた……。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。