レビューはありません
梅雨の夜の夢

恭子は、27歳の売れない女優。仕事の減っている彼女に、事務所の社長は、スポンサーになってくれそうな金持ちのところに枕営業をしてこいと言う。待ち合わせ場所は、郊外にある木立に囲まれた古い屋敷。金持ちのジジイと寝る覚悟をしていた恭子だったが、現れたのは、抜けるように色が白く、色気のある美形の若者だった。困惑する間もなく繊細なタッチで触れられ、女の花びらからたちまち熱い蜜が溢れてきた。しかし、挿入の直前で男はいなくなると、几帳の陰から、女の淫靡な声が聞こえてきた!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。