レビューはありません
ギヤマン蛍ー義娘の艶肌に咲く花ー

刺青の彫り師になった了輔が、翔子と出会ったのは35歳のときだった。「私の胸元に蝶をいっぱい彫ってほしい」そう呟いた彼女は、透けるように白い肌と赤錆色の乳首を覗かせたのだった。抗いがたい魅力に屈した了輔は、彫り師であることを忘れ翔子の体に溺れていく。やがて二人は結婚し、翔子の連れ子の星美と三人で暮らすこととなる。時は流れ、了輔は54歳になっていた。駆け落ちした星美が家に戻ってきた。ある夜、了輔の前で浴衣の帯を解いた彼女は、思いもよらぬことを懇願するのだが……。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。