レビューはありません
雁高さまがいく

平安京の空の元、京都三条大路にある公家の姉小路邸から女のよがり声が聞こえてきた。声の主は初潮を迎えたばかりの初々しい女官。その女の股ぐらに顔を埋めるのは、この家の当主であり従四位右大将を退任した雁高という老人。とにかく淫蕩なこの翁の趣味は、いろいろな女を味わうこと。若い女官と交わりつつも、次は息子利直の妾である淫花という公家の姫に狙いを定めた。牛車に乗り駆けつけると、淫花は光源氏という名の張り型で自らを慰めている最中。さっそくお味見をと寝床に忍び込み……。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。