レビューはありません
おんな淫別帖 第三回

時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな彼が自宅で股を広げながら自慰行為をしていたところ、突然二人の女性がやってきた。一人は、無三が処女を奪った娘・穂波。もう一人は初めて見る顔で、千代という名前の30歳前後の淑女であった。穂波曰く、千代は夫の暴力に悩んでおり、しばらく無三の家でかくまってくれないかという。穂波の頼みを承知した無三は、さっそく体中傷だらけの千代を全裸にし、全身をくまなく舐め始め……。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。