レビューはありません
艶歌に濡れて

仕事の合間に入ったコーヒーショップで、他人の携帯電話を拾った主人公の小沼。持ち主に返そうと思っていた矢先、電話をかけてきた女性・鮎子の声に魅せられ、咄嗟に持ち主のふりをしてしまう。その日から、人妻である彼女から官能的な短歌がメールで送られてくるようになる。携帯の持ち主は、短歌雑誌を発行している男だったのだ。淫靡な句に興味を抱いていく小沼は、ついに鮎子を呼び出し、句で綴られた官能の世界へと誘っていくのであった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。