レビューはありません
僕は僕でよかったんだ

「学校に行かなかった32人の生き方カタログ」学校に行かず「東京シューレ」で育った、18歳から41歳までの32人のインタビュー集。シューレの25年の活動を振り返る年表や、教育ジャーナリストの矢倉久泰氏と奥地圭子による、教育を考える対談も収録。不登校・フリースクールのあゆみが分かります。今、学校に行かないで悩んでいる本人、学校に行かない子どもを抱えて悩んでいる親や祖父母の方へ、さまざまな生き方があること、また不登校が決してマイナスだけではないことが伝わってきます。少しでも楽しく生きるヒントに。(前書きの一部より)皆さんは、学校教育以外に、さまざまな教育が存在してきたことを、ご存知でしょうか。その一つに、フリースクールがあります。文科省の学校基本調査によれば、小中学生の不登校児童・生徒数は、一九七五年から増加し続け、ここ十年間くらいは横ばい状態で微減・微増していますが、十二万人台で高止まりとなっています。これに高校中退や高校の不登校の人数を入れると、少なくとも毎年約二十万人の子ども達が存在する社会なのです。この本は、この二十五年でどんな動きがあるのか、またその時期にいた子ども・若者で、当時のフリースクールを作ってきたOB・OGに登場してもらい、読み物としての二十五年の歩みをまとめることになりました。久しぶりにかつての子ども・若者達に会えたことは、何という感動だったでしょうか。みなそれぞれにすてきな存在になっていました。いろんなことがあったにも関わらず。いや、不登校にぶつかり、その経験が彼らを育てたのかもしれません…。

  • 1238(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 13pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。