レビューはありません
不登校は文化の森の入口

子どもと毎日向き合うなかで、親子の関係にとまどったり悩んだりしていませんか?子どものナマの姿に接し続けて考えてきた、児童精神科医の「ことば」。親と子が向き合う時にどのように子どもと接することが大切なのか。その根本的な部分を丁寧に語ります。複数の講演からまとめており、分かりやすく解説しています。日本で1960年以降、長らく学校に行かない子ども達などを診てこられ、徐々に登校拒否は病的ではなく、子ども達が起こした現象や身体症状などを「危機回避反応」ととらえるようになった。学校に行かないことは子どもの問題ではなく、子どもを取り巻く環境の問題であることにいち早く着目し、子どもの視点に立って考えてこられた。早期から登校拒否の「親の会・希望会」を院内に立ち上げ、活動されてきた第一人者でもある。著者生前最後の本。長らく続くロングセラーとなっている。(プロフィール)1925年、現韓国・江原道生まれ。1953年より現国立精神・神経センター国府台病院精神科に勤務。児童精神医療に従事、1991年、同院を退職。2009年逝去。

  • 1238(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 13pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。