レビューはありません
ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの

1968年4月、連続射殺事件の容疑者として19歳の少年が逮捕された。獄中からの叫びは、人々のこころを揺さぶった。1997年8月1日、神戸児童殺傷事件の少年が逮捕されて1か月後、永山則夫は死刑に処せられた「本の印税を日本と世界の貧しい子どもたちへ。特に、ペルーの貧しい子どもたちのために使ってほしい」「遺言」からつながったペルーの働く子どもたち、貧困の中で助け合い、自立し活動するこどもたちがいる。「私たちは永山に感謝する。しかし、私たちは永山にはならない」少年事件、死刑制度、南北問題、永山則夫がのこしたメッセージとは..永山則夫の足跡をたどると共に、死刑はなぜ行われたのか、そして、なぜ彼がペルーに印税をとどけようとしてきたのか。永山の遺言から交流が広がっていった、ペルーの働く子ども達の現地訪問の様子、そして、死刑制度、貧困問題を考える。永山則夫が生まれ育った場所、その後の事件、そして逮捕…。獄中での小説執筆、そして死刑執行、遺言のその先…。それらのあゆみを追った詳細な年表も収録。裁判員制度によって「永山基準」が注目されている今、死刑とその周辺にある問題を考える一つの資料として。

  • 1238(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 13pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの
  • 著者名: 永山子ども基金
  • eBookJapan発売日: 2013年02月08日
  • 出版社: メディアシューレパブリッシング
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ページ数: 283ページ
  • ファイルサイズ: 37.1MB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。