レビューはありません
昼ひなかの喘ぎ

私(二十七歳・専業主婦)は、社宅の奥様仲間に誘われ、接待コンパニオンの真似事を始めた。ランチタイムの商談でお酌をするだけで高給がもらえる、というのは確かに魅力だったし。ところがいざ座敷に出てみると、グループのリーダー格で美人の恭子が徐々に乱れ出し、男性客にしなだれかかる。さらに酔った恭子は胸を揉まれて妖しい声をあげ始め、ついには男根を口にくわえた。目の前の信じられない光景に、私は怒り心頭したのだが、もう一人の男から一万円札を握らされ、「私にも尺八してくれないか」と強引に誘われた……。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~50件/64件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。