レビューはありません
百人一首 春・夏・冬

美しい毛筆で鑑賞する百人一首4。「春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」(持統天皇)「田子の浦にうち出てみれば白妙の冨士の高嶺に雪は降りつつ」(山部赤人)「花の色はうつりにけりないたづらに我身世にふるながめせしまに」(小野小町)など、四季の美しさ、古代の雄大な自然を繊細に歌い上げる17首はまさに圧巻の迫力。

  • 100(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 1pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。