レビューはありません
背徳は蜜の味

マジメでウブな婚約者、大沼一樹とのエッチを盛り上げようと、アケミはエプロン姿で勤めから帰った一樹を出迎え、呆然とした。一樹と並んで、元恋人で同じ課の柴田がいる。柴田は何くわぬ顔で部屋に上がり込んで、3人の酒宴となった。お酒に弱い一樹が眠ったところで、柴田はアケミを愛撫し始める。まさか、婚約者の前でこんな淫らなことを…。しかし、アケミは徐々に興奮し、「服を脱いで、エプロンだけを体に着けてくれよ」と言う柴田の言葉にうなづいたのだった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。