レビューはありません
冗舌な死者7 境界の彷徨人

別荘で発見された、男女の焼死体。タバコの不始末による火事にも思われたが、なぜか顔面だけが炭化していた。解剖してみると、炭粉を吸った痕跡もない。つまり、二人は殺された後に焼却されたのだ。だとすると、殺人犯がほかにいるということになる。資産家の跡目争いか、あるいは無理心中か。圭一郎たちの捜査が始まる。「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」。千葉圭一郎の言葉に感銘を受け、監察医になった栗山玲奈。東京都監察医務院中野分室の解剖台の上にある遺体は、彼女になにを語りかけるのか。新進気鋭のミステリ作家、矢月秀作の手による、本格ミステリー。

  • 100(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 1pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: 冗舌な死者7 境界の彷徨人
  • 著者名: 矢月秀作
  • eBookJapan発売日: 2012年12月28日
  • 出版社: マイカ
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 112.5KB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸小説・文芸 ミステリー
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。