レビューはありません
よくばりなわたし

二十四才のわたしには、大学生のころから付き合っている恋人、トモキがいる。社会人になった今も、ほとんどの週末は互いの部屋で過ごし、体を重ね、翌日仕事ならば帰るという、すでにまったりとした関係だ。いつもトモキはやさしい。そしてちょっと不器用だ。いっしょにいるとすごく落ち着く。わたしはベッドでのトモキを焦れったいと思いつつも、大好きで、失いたくないと思っていた。「……もうそろそろ五年目になるだろ。俺と一緒に住まね?」いつものように週末を過ごしたトモキから、突然プロポーズされたわたし。すごく嬉しい。嬉しいけれど、わたしはすぐに頷くことが出来ない。だってわたしには、トモキにも言えない秘密があるのだ――。クローゼットの中に隠したわたしの物足りなさを補い続けていた「秘密」を捨てるか、それともトモキを失うか。どちらも欲しいと思うことはわがままなのか。すべてをさらけ出した先にあるものは?

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。