レビューはありません
70%の気持ち

「いやぁ、や、いたいぃ!」浅野の悲鳴と、僕の肩に食い込む指先。体には汗の粒が浮いて、僕の額からも流れて伝った。少しずつ腰を押して捻じ込む。「…奥までなかなか入らないね、守山とはまだやってないの?」言いながら、腰を強く押す。「ああっ、――ッ!!」根元まで僕を飲み込んだ浅野の閉じられた瞳から、また涙が零れた。「や、っぁ、ア」少しずつゆっくり腰を動かすと、壁に当たる度に浅野の高い声。その可愛い声を、僕だけに聞かせてよ。楽しくて同じ場所を責めると、浅野が力なく首を振る。「も…やだ、ア、や…ぁ」「まだ少ししかしてないよ」ゆっくりと腰を進めながら僕は浅野の肌を指でなぞった。浅野の顔がだんだん紅潮してくる。「ねえ、守山とはやったの?」動きを止めて、浅野の耳元で囁いた。答えない浅野に苛立ちを感じて、浅野の萎えているものを握って上下に手を動かす。「っあ!や、やだっ」

  • 300(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 3pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。