レビューはありません
ナイショの放課後~秘密の告白~130 蕩けそうな蜜タイム

どうしよう…こんなに感じさせられて自分が自分でなくなってしまいそうで怖いの…。感じる所、弱い所を徹底的に攻めなれて私は喘ぎっぱなしなんです。「あ…そんなに激しくしないで」でも彼はやめてくれなくて。「おまえの声、エロい…」とますます攻めは激しくなるばかりなんです。彼に真の快感教えられてしまったの。もう今までの愛撫じゃ物足りない。開発されて敏感にされて、私、この先どうなってしまうんだろう…。おっぱいも乳首も私の性感帯は把握済み。今日も彼と熱くて濃い濡れまくりな時間が始まるの…。

  • 300(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 3pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。