レビューはありません
君のすべては僕のもの

自分でも触ったことのない所を舐められるという行為に頭の中が真っ白になっていく。それを止めさせなければと思う自分がいる反面、もっと刺激を与えて欲しいと思う自分がいる。結局自分にできたことといえば、彼から与えられる刺激に身を委ねることだけだった。だった。「だいぶやわらかくなってきたみたいだね。これなら指を入れても大丈夫かな」そう言うと彼は指をつぷと入れてきた。

  • 300(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 3pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。