レビューはありません
お願い!小太郎くん3 幼い恋心とイケナイおまじない

相変わらずモテない小太郎だったが、妙なおまじないのウワサが広まってしまったお陰で、今日も女の子からエッチな関係を迫られていた。お陰ですっかり女の子が苦手になってしまったある日、一人の女の子と出会った。その子の名は麻子。麻子は小太郎のウワサのことも知らず、ただ一人の男の子として接してくれていた。そんな二人の趣味が偶然合い、デートをすることに。苦手だと思っていた女の子といても、楽しいと思える小太郎は、どんどん麻子に惹かれてゆく。そして好きだと自覚してしまった。「好き」そう告げたら、麻子はどう思うのだろうか。小太郎は告白すべきか悩んでいた。しかしその時小太郎の前に立ちはだかったのは、これまでの女の子達との関係だった。もし麻子がおまじないのウワサを知ってしまったら、どう思うだろう。そう考えると、怖くて言えなくなっていた。しかしその時はくる。麻子が小太郎に告げた言葉。それは…?

  • 300(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 3pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。