レビューはありません
闇狩人にて候(上巻)

枕絵師である兎月は旗本の榊の屋敷で夜毎無残絵を描かされていた。勘当され今は陰間茶屋の用心棒をしている蘭之介は、色子の彰太郎から姉美和の行方を捜してくれと頼まれていた。兎月が絵を描きに通っている榊の屋敷に美和がいるらしいと二人は知るが、彰太郎は殺される。誰とも肌を合わせたくないと言っていた兎月と漸く結ばれたばかりの蘭之介も何者かに命を狙われ、美和の行方を捜すために榊の屋敷に通い続けていた兎月も榊に執心され、媚薬を飲まされたうえ捕らえられてしまった。

  • 580(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 6pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。