レビューはありません
斎王、俗世への禊ぎに濡るること

時は平安時代幼い頃に伊勢へと下向した伊勢の斎宮に、父の思い出も母の思い出もない。乳母であり侍女である命婦《みょうぶ》と、絵物語の中の美しい若君に憧れる毎日を送っていた。ある日、父の崩御によって、帰京することになった斎宮。帰京の道で待っていたのは俗世へ戻るための禊ぎとは……?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。