レビューはありません
弔鐘はるかなり (3)
  • 完結

虎籐組の麻薬供給源が香港ルートであり、千葉の東神会と一竜会が手を組んで他のルートを統合し、香港ルートのボス・陳を狙っていることが判明する。厚生省の取締官・藤井が捕らわれていたのを、梶が助けた。また梶の張った罠に木島が掛かり、高崎も現れて、全てを語る。陳の本名は佐藤といい、道江の父親だった。吉村を惨殺したのは、陳の部下なのだ。道江を殺したのは、東神会だった。梶は拷問した木島に虎籐組にやられたと言わせて、抗争に火をつける。しかしなぜか、抗争は大きく広がらず、矛先は梶の方に向いてきた。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。