レビューはありません
ギリシアの神にくちづけて

ギリシア神話に出てくる『ヒュアキントス』は太陽の神『アポロン』の恋人。由貴哉をヒュアキントスにかさねて、藤森は絵を描き続け由貴哉に求愛しますが、由貴哉は「先生は僕のアポロンにはなれない」と言います。はたして由貴哉のアポロンになるのは誰なのか?※ヒュアキントスは、太陽の神アポロンと、西風の神ゼピュロスに愛された美少年ですが、彼はアポロンの恋人になったために、ゼピュロスの陰謀で殺されてしまいます。ヒュアキントスの流した血の中から赤い花が咲き、ヒアシンスと名付けられました。

  • 300(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 3pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。