レビューはありません
情念の生贄

恋慕の君は「結婚」と言う言葉をうまく操り、ママと弁護士と良歌の宮を納得させた。良歌の宮はホステスで手に入れたすべてのものを金繰りすてて、恋慕の君の妻になれると北新地を去った。恋慕の君の診療所に、良歌の宮を従業員と偽り勤めさせ、同じビルの中に良歌の宮の部屋を借り、恋慕の君と良歌の宮は逢瀬を始めた。情欲は所選ばずもだえさせる。だが良歌の宮の妻子への嫉妬と恋慕の君への猜疑心が良歌の宮を苦しめ始めさせた。良歌の宮と妻との間で、恋慕の君は巧みに男の勝手を生きていく。良歌の宮には「妻とはセックスの関係はない」と言い切りながら、良歌の宮を淫らの極みで抱き、妻には良歌の宮の存在を、気づかれないように、慣れ親しんだ妻の体を、今までにないほど淫乱に抱く。恋慕の君の固く青黒くそそり立つペニスは、二人の間に愛欲の世界を満喫する。三角関係のエロスはいよいよ始まった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。