レビューはありません
米401kのトレンド 制度発足30年目の真実

少子高齢化等を背景に公的年金の見直しが国家的課題となり、給付年齢の引き上げや給付削減も避けれれないとされるなか、個人が自主的に自らの退職資産づくりに取り組むことは、これまで以上に重要なテーマとなってきた。本書は、30年を経過したアメリカの企業年金401(k)制度の2006年~2012年のトレンドを、雑誌『DCマネジメント』や「確定拠出年金教育協会」の「DCウェーブ」より得た情報をもとに概観したものである。なかでも、リーマン・ショックでは加入者や関係者は口座資産の激減に憂慮したが、彼らは総じて長期的な視点を失わない態度をしめしたことは特筆される。主な内容目次は、第1章米401(k)制度におけるアドバイザー法制化の流れ/第2章制度発足25周年と企業年金保護法(2006年)/第3章自動化制度の伸展と手数料論議の活発化(2007年)/第4章金融危機と戸惑う401(k)加入者(2008年)/第5章GM破綻やDCへの潮流の中で企業年金への加入率減少(2009年)/第6章金融教育や投資アドバイザーへのニーズの高まり(2010年)/第7章65歳を迎え始めたブーマー世代と深まる老後不安(2011年)/第8章保守化する投資行動と投資関連規定の動き(2012年)

  • 1240(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 13pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。