平均評価(5.0 レビューを見る
ぎんぎつね (12)
  • セット割

神主になりたい、という想いを由子の父・武光に伝えるものの、突き返されてしまった達夫。豊倉酒造の跡取りとして背負うものを顧みず、自分の事だけしか考えていなかった事を反省します。そして、悩みぬいた末に抱いたある決意を胸に、達夫は再び武光と向き合うのでした──。まことの両親が育んだ“縁”はいくつもの季節を重ね、引き継がれて交わり、また今年も例大祭が始まります。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

ユーザーのレビュー

一覧を見る

匿名希望

(5.0)

投稿日:2016年12月02日

神様の御使い「神使」とそれを見える女子高生巫女まことの物語

神様と人間の交流を描いた漫画は多々あるが、「神使」に焦点を当てた作品は珍しいのではないか。作中では神使は多数登場するが、神様自体は出てこない。
基本的に神使は人には見えないが、ごく一部の神社生まれなどの人物は神使が見えるという世界観。登場する神使がまたそれぞれ個性的で、ぐうたらだったり可愛い子供キャラだったり妙に人懐っこかったり。神社によって、神使が狐だったり狼だったり牛だったり描かれていて、案外様々な神社の由来とか社格とか勉強にもなる。
神使自体は神秘的な物でありながら、作中では特に神様のご利益を与えるようなことはなく、ただ人々の生活を見守っているという描き方も良いなぁ。
そして、神使たちとまっすぐに向き合って生きるまことちゃんがひたすらに可愛い。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。