平均評価(5.0 レビューを見る
それでも町は廻っている (4)
  • ポイントUP
  • セットポイントUP
  • 完結

めいど!下町、丸子商店街のフツーの喫茶店シーサイドは何故かメイド喫茶。女子高生探偵に憧れる嵐山歩鳥、萌えの精神を理解するメガネ娘タッツン、店主のババア(毒蝮風にいえば)で営業中。商店街や学校の難事件を解決!するわけでもない歩鳥の日常。今巻は夏真っ盛りの大冒険嵐山財宝調査隊完全収録!歩鳥、タケルの姉弟コンビに紺センパイ、タッツン、針原さんの元卓球部軍団が財宝さがしにチャレンジ!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

続刊が出ると「おっ、出たか」と心が躍る作品。いわゆる日常系なので、続きが気になって首を長くしちゃう…ッ! というよりは、ゆっくりペースでもいいから自分が死ぬまで、永遠に続いてほしい作品です。どこかにいそうな(でもたぶん絶対どこにもいない)登場人物が、なんてことはない(←※注:最高にいい意味で)日常を送っているだけなのですが、面白い。じわじわくる笑いがクセになって、繰り返し読み返してしまいます。登場人物に嫌な人間がいないという点も、疲れた現代人にとても優しいなと。
  • 参考になった 4

ユーザーのレビュー

(5.0)

投稿日:2017年08月15日

一見ざっくりした日常系ギャグだけど設定が細かい

探偵に憧れるちょっとアホな女子高生が主人公が住む商店街を舞台にした日常系ギャグ漫画で個性的な登場人物が多いですが基本的に健全なストーリーな上、不快感のあるキャラがいないのでかなり読みやすいです。
一話完結で時系列に沿って進んでいくので基本的にはどこから読んでも大丈夫ですが、途中から時系列がランダムになったりするので「この話は○話の後に繋がるストーリーだな」とかそういったことを台詞などから読み取りながら読むと、一見ざっくりした単発ストーリーが実は非常に細かな設定で描かれていたことが分かります。
また、この作品の一番面白い所は前フリやパロディネタが非常に多く、読み返す度に新たな発見があったりします。パロディについてはぱっと思い出せる範囲でもジブリ、ドラえもん、ジョジョ、太陽にほえろ!、ゲーム作品、有名小説、実在する人物等、元ネタがかなり多岐に渡っているのでそれらを探してみるのも面白いと思います。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。