平均評価(3.0 レビューを見る
今際の国のアリス (17)
  • 完結

「げぇむ」を「くりあ」しないと死ぬ世界「今際の国」。「ねくすとすてぇじ」に入り「ぷれいやぁ」達が破竹の快進撃を続ける中、「げぇむ」を降りたアリス。「だいやのきんぐ」との戦いを経て、変化し始めるチシヤ。残り少ない命の中、彷徨うニラギ。因縁深い3人が集まり、「えきしびじょんげぇむ」「ばとるろいやる」が開始――!! そして、最後に立っていた男は、いよいよ最後の「げぇむ」会場へ!! いったい何が待ち受けるのか…!?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: 今際の国のアリス (17)
  • 著者名: 麻生羽呂
  • eBookJapan発売日: 2016年02月19日
  • 出版社: 小学館
  • 連載誌・レーベル: 少年サンデー
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 192ページ
  • 立読ページ数: 11ページ
  • ファイルサイズ: 58.2MB
  • 関連ジャンル: 少年マンガミステリー・ホラー少年サンデー
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

なかなかたのしめます

一巻から三巻までは非常に面白いです。
それ以降は人それぞれかな?
個人的にはダイヤのキング戦とハートのクイーン戦以外は楽しめました。この二つはちょっと消化不良です(星3の理由でもあります)
エンディングは賛否両論あるとおもいますが、基本は頭を使った謎解き(知っている方ならライアーゲームのもっと命のやり取りする版だと思っていいと思います)がメインです。たまに主人公が変わりますがそれは物語の一環として楽しめてます(さらに知っている方ならSIRENのストーリーで主人公が変わることを想像そていただければ理解できるかと)
終盤は謎解きより読み手といいますか、心理戦の濃度が高くなりますので、好き嫌いはわかれると思いますが、謎解きより心理戦の濃度が高いと思うので、全20巻未満のですし、読んでみるのも一興かと思います。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。