ユーザー評価なし レビューを見る
近世日本国民史 豊臣秀吉 (一) 豊臣氏時代 甲篇
  • 完結

秀吉の人心収攪の怪手腕は強敵家康を壊柔、南海四国北陸に次いで九州関東東北の諸大名を恭順せしめ、遂に日本統一を実現、日本歴史に桃山時代を画す。百世子孫を魅了する時代の寵児秀吉の一代記。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~50件/50件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

一覧を見る

11月から始まる「坂の上の雲」(司馬遼太郎原作)のテレビ放送もあって「明治」が話題となっています。この「明治」とは何か、日本の近世史の中で「明治」という時代の意味は何か、を考えるときぜひ手にとってもらいたいのが、徳富蘇峰の大著「近世日本国民史」のなかの「明治三傑」です。徳富蘇峰によれば、明治元年より昭和20年に至る約80年間は、日本国は駆け足でほとんど息の切れんまでに走り続けてきた時代でした。その体制を軌道に乗せたのは、薩摩と長州からでた維新の三傑――西郷隆盛、木戸孝允、大久保利通の3人です。蘇峰はそれぞれ特別な性格の持ち主であった3人に一つの大きな共通点を見いだしています。3人はいずれも自己のために生存せず、国家のために生存するという信念をもって生き抜きました。究極の目的は己を捨てて国家に奉仕するという一点においては、3人の考え方は同一ものでした。争ったのもそのためであり、提携したのもそのためでした。3人の離合集散はそれぞれが国家のために利益と信ずるところに向かって邁進したまでのことだというわけです。これが「明治」の時代精神となり、その後の国づくりを支えてきました。「坂の上の雲」の主人公たち(日本騎兵を創設した秋山好古、海軍にあってその戦術研究に貢献した秋山真之の兄弟と正岡子規)もまた近代国家の礎をつくることに自己を捨てて取り組んでいきます。戦後初めての本格的な「政権交代」の時代を迎えた2009年秋にこそ、じっくり読んでほしい一冊です。(2009/10/23)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。