彼女がフラグをおられたら (16) 冥土の土産よ、最期に卒業式のことを教えてあげるわ

550円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

世界を救うべく、元凶たる《グリモワール》へとダイヴした颯太。孤独な戦いの果てに颯太が辿り着いたのは、死亡フラグに怯える自分を癒やしてくれた少女達と過ごした、あの《仮想世界》だった――懐かしい場所での毎日は順調に過ぎて、次第に颯太は《現実世界》に生還する意欲を失っていく……この仮想世界には「彼女」がいないのに、だ!! そして迎えた卒業式当日、颯太に巻き起こった驚愕の出来事とは!? シリーズ堂々完結!

カゴに追加 550 円(税別)

世界を救うべく、元凶たる《グリモワール》へとダイヴした颯太。孤独な戦いの果てに颯太が辿り着いたのは、死亡フラグに怯える自分を癒やしてくれた少女達と過ごした、あの《仮想世界》だった――懐かしい場所での毎日は順調に過ぎて、次第に颯太は《現実世界》に生還する意欲を失っていく……この仮想世界には「彼女」がいないのに、だ!! そして迎えた卒業式当日、颯太に巻き起こった驚愕の出来事とは!? シリーズ堂々完結!

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

「俺、この仕事が終わったら彼女に告白するんだ」、というセリフを見たゲームやアニメ好きな皆さまは「死亡フラグが立った!」と思っちゃいますよね。かくいう私もゲームやアニメを良く嗜む方なので「フラグ」という言葉には敏感だったりします。そんな「フラグ」が物語の中心になっているのがこのライトノベルです。

転校生である主人公は、人の頭の上に立つ様々な「フラグ」を見ることができる能力を持っています。具体的に言うと「死亡フラグ」「恋愛フラグ」といった、人の今後の行く末を示すフラグを視覚的に捉えることができる能力を何故か持っているんです。つまりこれから死んでしまう人や恋に落ちてしまう人などが、頭の上に立つフラグを通じて分かってしまうということ。主人公はそんな能力を使って人を助けたりあえて好かれないように行動することができるわけです。

そのため、主人公の周りに集まる幼馴染(美少女)やお嬢様(美少女)の頭の上に立つフラグを見つつ、好かれないように恋愛フラグを折るような発言をしたり、死なないように死亡フラグを折るために頑張ったりと人間関係を平穏な状態にするべく奮闘するわけです。でも、とあるヒロインの頭の上にはフラグが見えなかったり、主人公自身の頭の上にはフラグが・・・と今後の物語の行く末が気になる展開があったりして、グイグイと物語に引き込まれていくんですよ。

そんなこの作品、最終巻が16巻なので結構長編となっていますが、非常に読みやすいので多くの方に楽しんで頂けるんじゃないかって思います。また、コミカライズ、アニメ化といろいろと展開されていますので、当作品を読んで興味を持たれたらコミックやアニメをお楽しみいただくのも良いんじゃないでしょうか。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。