ユーザー評価なし レビューを見る
深追い―横山秀夫ミステリー劇場

白バイ隊員だった秋葉和彦(あきば・かずひこ)は、信号無視のライトバンを追跡したことで運転手を事故死させてしまう。マスコミから一斉に「深追い」として非難を受ける秋葉だったが、死んだ運転手が窃盗団の一人と判り、警察は正当な職務行為として処理する。しかし、秋葉は交通機動隊を追われて交通課勤務に。ある日、秋葉は担当となった交通事故現場で、被害者・高田(たかだ)のポケベルを拾う。そして、高田の死後もポケベルに不可解なメッセージが!それは高田の妻であり、秋葉がかつて想いを寄せていた綾瀬明子(あやせ・あきこ)から送られていた……。表題作「深追い」の他、親子二代で大物泥棒を追いかける刑事の姿を描いた「引き継ぎ」。警察小説の第一人者・横山秀夫の心に沁みる警察小説2編をコミック化!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

最近、当サイトでも続々と警察小説やクライムノベルがリリースされています。『深追い』(原作:横山秀夫 作画:)は、多くの警察小説ファンを虜にする推理作家・横山秀夫の同名タイトルのコミカライズです。私が横山作品に惹かれるのは、主人公の深層心理の動きが巧みに描かれているところと最後のページまで追わないと物語の行方がわからないストーリー仕立てです。『深追い』の主人公は、秋葉という警察官。秋葉はかつて白バイを操っていましたが、追っていた車が衝突事故を起こして、それがいわゆる「深追い」とされて交通機動隊を追われて所属部署を変えられました。警察という組織や職務そのものに対して秋葉の心は冷えていきますが、ある交通事故をかっかけにかつての恋人・明子と再会してから秋葉の心は次第に揺れ動き始めます。警察の上層部は秋葉が事故の遺族である明子にひんぱんに会うのを避けるように命じます。しかし、秋葉の心はかつての「深追い」のような感覚に陥っていきます。そして、物語は決して予測のできない展開を見せ、思わず息を飲む結末へ向います。まだ、横山作品に触れたことがない方は、このマンガを足がかりに小説に踏み込んではいかがでしょう。その魅力、思わず「深追い」すること請け合いです!!(2012/3/27)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。