レビューはありません
日本人の自伝66 松平定信 『宇下人言』

松平定信は、八代将軍徳川吉宗の孫で、奥州白河藩主として天明の大飢饉を乗り切って藩政を立て直した。のちに、田沼意次の後を受けて江戸幕府の老中首座となり、寛政の改革を行った。《宇下人言》は、明治時代に入り、松平家に秘蔵されていたのを発見され、定信の没後100年を機に刊行された。将軍の一族で、幕府の要職にあった人物が、その治績を記録した自伝という点で、大変貴重な資料である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。