レビューはありません
日本人の自伝64 山鹿素行 『配所残筆』

山鹿素行は、江戸時代の儒者、兵学者。林羅山に朱子学を学び、甲州流兵学や神道も修めた。仕えていた赤穂の浅野家を辞した後に刊行した『聖教要録』が、当時の官学朱子学を批判しているのを咎められ、再び赤穂に配流された。《配所残筆》は、赤穂に配流されて10年目の1675年に、幼少時から配流仰せ付けの経緯、著者が到達した学問思想の体系などを要約して、弟と娘婿に宛てた遺書としてまとめたものである。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。