レビューはありません
日本人の自伝60 桜川忠七 『たいこもち』

桜川忠七は千葉県佐倉に生まれ、母が浅草で長唄の師匠をしていた縁で吉原に出入りするようになり、やがて酒席において主客の機嫌をとったり芸を見せたりして場を盛り上げる幇間(たいこもち)の世界に入った。《たいこもち》は、著者自身の人生はもちろん、たいこもちの由来、吉原むかし話、幇間論など、幇間の世界そのものが多く語られ、吉原遊郭の濃厚な情緒がひしひしと伝わってくる一篇である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。