レビューはありません
日本人の自伝58 沢田正二郎 『苦闘の跡』

沢田正二郎は、大正から昭和初期に活躍した人気俳優。滋賀県生まれ。早稲田大学在学中に坪内逍遥主宰の文芸協会演劇研究所に入り、俳優の道をスタート。劇団・新国劇を創設し、座長を務めた。36歳で病死し、葬儀の際は当時の田中儀一首相らが弔辞を寄せた。《苦闘の跡》は、新たな大衆演劇を創り出していった著者の真摯な姿勢とエネルギーに満ち溢れた自伝である。賭博容疑による座員拘禁事件や関東大震災のことなど、多彩なエピソードも盛り込まれている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。