レビューはありません
日本人の自伝57 五世 三升家小勝 『私の生立ち漫談』

五世三升家小勝は江戸麻布に生まれ、左官屋の丁稚を経て落語家に入門するも、その後職人、役者、禰宜となり、再び落語家になるなど、何度も職業を変えた経歴を持つ。得意の滑稽話と独特の毒舌で人気者となり、当時の東京落語協会会長にも就任した。《私の生立ち漫談》は、著者が小勝を襲名するまでが軽妙洒脱な語り口で描かれており、寄席という狭い空間で生きた芸人らしい芸人の、さまざまなエピソードが語られている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。