レビューはありません
日本人の自伝54 二世 市川左団次 『左団次自伝』

歌舞伎役者・二世市川左団次は、初世左団次の子として東京に生まれ、3歳で初舞台を踏んだ。二世左団次襲名披露興行を大成功させ、その収益をもとに欧米視察を敢行。その後、歌舞伎役者の枠を超え、作家の小山内薫とともに演劇革新運動を実施。また、初の海外歌舞伎公演を当時のソ連で行った。《左団次自伝》には、出生より1932年にイタリア・フランス政府からの叙勲までの、決して平たんではない著者の役者人生が語られている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。