レビューはありません
日本人の自伝51 高浜虚子 『俳句の五十年』

高浜虚子は、愛媛県出身の俳人。尋常中学の同級生だった河東碧梧桐の誘いで俳句を始め、俳誌『ほとゝぎす』を主宰するなど、正岡子規門下の卓越した俳人として活躍した。子規の死後、五七五調の形にとらわれない新傾向俳句に走った河東碧梧桐と対立し、定型、季題、写生の尊重する守旧派として長く活動した。《俳句の五十年》は、著者の前半生を中心に構成された自伝で、成功者の自信に満ちた内容となっている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。