Under the Rose (5) 春の賛歌

556円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

19世紀後期の英国。長期滞在の賓客を迎え賑わうロウランド伯爵家。臥せる女主人に代わって賓客をもてなす美しき家庭教師レイチェル。彼女の手によって、光あふれる庭には、さんざめく人々の集いと子供たちの笑い声が満ちる。それは、ウィリアムに忍従するしかなかった彼女を解き放っていく。幸福な情景にレイチェルは、雪間に萌す若芽のごとき微笑を浮かべるのであった。

無料立ち読み(18ページ)

カゴに追加 556 円(税別)

19世紀後期の英国。長期滞在の賓客を迎え賑わうロウランド伯爵家。臥せる女主人に代わって賓客をもてなす美しき家庭教師レイチェル。彼女の手によって、光あふれる庭には、さんざめく人々の集いと子供たちの笑い声が満ちる。それは、ウィリアムに忍従するしかなかった彼女を解き放っていく。幸福な情景にレイチェルは、雪間に萌す若芽のごとき微笑を浮かべるのであった。

平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧10冊の書籍

スペシャルレビュー

Under the Rose

19世紀イギリスの伯爵家を舞台にして、情念豊かに描かれる愛と憎しみのヴィクトリアン・ストーリー。船戸明里先生の、徹底的にこだわり抜いた繊細で美麗な筆致と、大胆で緻密なストーリー展開に酔いしれてください。読めば必ず「ハマる」とんでもない作品です。どうか、ご覚悟を!

ユーザーのレビュー

匿名希望

(5.0)

投稿日:2017年12月24日

未完のまま終わってしまわないか、いま一番心配なマンガ

2017年12月、待望の10巻が出ました。とても濃いです。熱いです。登場人物みんな頭おかしいです。でも、巻末の書き下ろしで癒されます。同世界で別作「ハニーローズ」へ物語は収束してしまうのか、それとも分岐するのか、この10巻で大きな分岐点が始まりました!!!
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。