ユーザー評価なし レビューを見る
三匹のおっさん

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!と、かつての悪ガキ三人組が自警団を結成。定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ、同じく武闘派の柔道家で、居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ、機械をいじらせたら無敵の頭脳派、愛娘にはめっぽう弱い機械工場経営者ノリ。詐欺に痴漢に動物虐待…ご近所に潜む悪を「三匹のおっさん」が斬る!その活躍はやがて孫や娘にも影響を与え…。話題の作家・有川浩の新境地、痛快活劇シリーズ始動!

  • 695(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

昔、「三匹の悪ガキ」と呼ばれていた「三匹のおっさん」――還暦に達したものの「おじいちゃん」扱いされるのは納得がいかない、幼なじみの「おっさん」三人組が「自警団」を結成して、わが町に巣くう「悪いやつ」を、次から次へと懲らしめていく、痛快活劇。一話読む毎に気分爽快、ストレスが発散されます。映画化された『阪急電車』もそうでしたが、有川浩は私たちの身の回りに生起する「悪」にバッサ、バッサと斬りつけていきます。手前勝手で傍若無人な振る舞いを小気味よく退治していく「三匹のおっさん」の痛快活劇を読んだ後――なんだか、体の内が暖(あった)かなものに満たされていくような気になっていくのは私だけでしょうか。まちがいなく、面白い小説です。活劇の主役、アラ還の幼なじみ三人組のキャラクター設定がサイトに表示される紙書籍のカバーや一話から六話までの章トビラのイラストそのまま、それぞれ際立っていて実に巧み。背が高くて痩せているのが、「キヨ」こと清田清一(きよたきよかず)。会社勤めのかたわら、父親が遺した剣道場を守り近所の子どもたちに剣道を教えてきたが、定年退職後に系列会社のゲームセンターの経理をみる嘱託仕事に就いた。ガタイがよくてガニ股、太いまゆげがつながっているのが、「シゲ」と呼ばれる立花重雄。こちらは柔道歴が長く、いつも黒いジャージ姿。赤提灯「酔いどれ鯨」を数年前に息子夫婦に譲って、サブの立場に下がった。そして三人目が有村則夫。脱サラして工場を自営する機械屋のノリさんは奥さんに先だたれて、娘の早苗を一人で育ててきた。武道派の二人に比べれば小柄で弱そうに見えるが、スタンガンの改造や、指向性の強い集音マイクをさらに高度化してスパイ道具に作り替えるなどお手の物という。考えようによっては三人のなかで最も危ない存在であり、かつ“参謀役”でもあるのが則夫です。この「三匹のおっさん」が還暦を過ぎてありあまる時間を有効に使おうと結成したのがボランティア自警団。二人一組になって町内パトロールを始めたキヨの携帯にSOSが入った。〈「――もしもし、ジーサン? みどり公園の前で自転車が倒れている。荷物が散らばっているのに持ち主がいなくて、荷物の中には栄女子高のナイロンバッグがある」それだけ報告して祐希は電話を切った〉祐希はキヨの孫で高校生だ。公園の植え込みの陰に窺えた光景は――制服のブラウスを引き裂かれた女子高生が、黒のジャージの大男に馬乗りになられて組み伏せられていた。花壇の柵に使われていた鉄パイプを手に大男に近づいた祐希が「待てぇっ!」と声をかけた。遠目に分かったが腰は振っていなかった。押し倒された姿勢から見上げてきた女の子の顔が希望に輝いた。間に合った、祐希がそう思った瞬間、「待つのはお前だ」背中から声がかかった。連絡をうけて駆けつけてきた三匹のおっさんだった。〈「加減できずに障害沙汰になるか、その物騒な棒切れを持て余して一方的にやられるかどっちかだ」それでも――あんたたちが来るまでの時間は稼いだろ、不満が表情に出たのだろう、清一は苦笑した。「どっちにしろこの局面はお前の出る幕じゃないんだ。その子を家まで送っとけ」(中略)「よっ・・・・・・くもウチの娘を・・・・・・」怒り心頭に発した則夫の声に、男があからさまに侮る顔になった。そして男が地を蹴った。標的は則夫だ。組むまでもなくタックルで突破できると踏んでか、肩を前に出した姿勢で突っ込む。接触の寸前、則夫の上着が例によって翻(ひるがえ)った。「則夫・エレクトリカルパレ――――――ドッ!」バシッと電流の弾ける光が青く躍った。しかも――則夫が男に叩き込んだのは両手だ。男はそれこそひとたまりもなかった。突っ込んできたままの勢いで地面に突っ込んだ。「成敗ッ!」「お前・・・・・・殺してねえだろな」重雄の呆れた口調に則夫はまだやり足りないような顔で憤然と答えた。「俺がそんな下手な武器を作るもんか。殺さないように一本は威力を下げたスタンガンにしたんだよ〉祐希の機転もあって早苗が危ういところで難を逃れた強姦未遂事件。体格もよく、武道の心得もある犯人は早苗の前までに少なくない被害者を襲っていたという第二話を含め全六話すべて、文句なしに面白い!「悪」を懲らしめていく「三匹のおっさん」の痛快活劇としてだけではなく、アラ還世代、その息子世代、そして高校生の孫世代の三世代による家族の物語として読んでも、面白い。とくにキヨを「ジジイ」「ジーサン」と呼びつつ、父親とは違う形で心を通わす祐希の存在が物語をいっそう豊かなものとしています。「おっさん」世代だけでなく、世代を超えて読んでもらいたい本です。(2012/12/14)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。