平均評価(5.0 レビューを見る
女王の花 (4)
  • 完結

自分をつねに守り導いてくれた青徹(せいてつ)から母・黄妃との秘められた過去をあかされた亜姫(あき)。黄妃を守りきれなかったことを今も悔い傷ついている青徹にますます惹かれていく。そんな時、青徹の手下の密偵が亜国でつかまり「商人・青徹」を引き渡すよう亜国から圧力がかかり…!?亜国に引き渡されれば間違いなく殺される青徹を助けたくて、亜姫と薄星(はくせい)は動く!?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

書店員のレビュー

王の娘として生まれながらも冷遇されてきた少女亜姫(あき)。彼女は奴隷として売られてきた少年、薄星(はくせい)と出会い、孤独な毎日に光を見つけた。この漫画は、少女マンガとしては異例の中華風歴史漫画です。亜姫はその後、薄星と共に大きな時代の変貌の流れに飲み込まれていく。内容は青年漫画でよくあるような復讐劇や戦争の悲惨さなどが織り込まれているのですが、それを少女マンガ(しかもベツコミ)で連載なんて!べた甘ラブストーリーを読みたい方にはおすすめできませんが、越えられない身分違いの愛はちゃんとあります!(あるはず!)今後、この禁断の愛はどう育っていくのか。亜姫は自分の目的を果たすことができるのか!!?1巻を読むとどんどん続きが気になって止まらない作品です!少女マンガの絵柄でハラハラどきどきの歴史ロマン劇を見たい方は是非!!
  • 参考になった 15

ユーザーのレビュー

作者さんのファンです

こちらの作者さんのファンで、完結したということで購入しました。
「身分違いの恋」という風に紹介されていたのですが、間違いではないけど恋愛メインの話ではありません。
あらすじなどは他の方がわかりやすく説明されているので割愛させていただきますね。
話はもちろん最初から最後まで綺麗にまとまっていて読むのが止まらなくなるくらい面白いです。
絵も綺麗で特に泣き顔が本当に上手くて何度ももらい泣きしてしまいました。
どちらかというと悲恋?っぽい感じになるのでしょうか、やはり身分違いの恋なのでずっと一緒にいられないという葛藤の話が多いです。
ちなみに同作者さんの「二の姫の物語」がとても好きなのですが、100年後の世界が「女王の花」に繋がっているようです。
「女王の花」にちらっと出てきた青家の青年がお姫様をお嫁さんにして~という話が「二の姫の物語」なので興味のある方は是非そちらも読んでみて下さい。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。