レビューはありません
異説!? 写楽 ~男色大鏡~

写楽とは誰か?版元、蔦屋重三郎のもとに二人の少年がいた。戯作者を目指す写次。絵の修行をする楽多。のちに『写楽』として評判となった楽多の画法は、写次が手引きした役者と楽太が淫靡に交わり、役者の本質をとらえるというもの。楽太を想う写次と重三郎を慕う楽太。二人の行為はついに重三郎に知られ……。彗星のように現れ、瞬く間に消えた天才浮世絵師、写楽。現在、その正体は実在を確認された斎藤十郎兵衛説が濃厚となっている。しかし、十郎兵衛が残した画家としての記録は存在していない。

  • 300(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 3pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。