レビューはありません
日本人の自伝46 亀井勝一郎 『我が精神の遍歴』

亀井勝一郎は函館生まれの文芸評論家。東京大学在学中からマルクス主義の実践活動を進めていたが、のちに転向。浄土真宗の開祖・親鸞の教義を信仰するようになり、その人間原理に根ざした著作を多数発表した。戦後、文学者としてのありようが問われた中で、自身の立脚点を明らかにするために著したのが《我が精神の遍歴》である。親鸞の信仰者としての立場から、自身の精神の変化のプロセスを深いレベルで辿った書である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。